故・飯野賢治さんへの追悼映像“Kenji Eno Tribute”が公開

  • follow us in feedly

bandicam 2013-03-11 14-59-18-373

【BitSummit】ゲームクリエイター飯野賢治氏への追悼映像“Kenji Eno Tribute”が上映 - Game*Spark

picture_00003

2013年3月9日、京都の地にて日本初となるインディーズゲームイベントBitSummitが開催されました。会場は天井が熱気の煙で白むほど盛り上がり、人を掻き分けないと歩けないほどの参加者たちが動きまわり、熱いインディーズソウルのほとばしりをお互いに放出しあっていました。

イベントも終了が近づき、本日の司会役を務め基調講演も行ったベン・ジャッド氏がステージ上に登場。「僕たちはゲームをやりたいからこそゲームを作っています。個人的に、私はゲームには日本も海外も無いと思います。ただ、楽しいゲームをプレイしたいだけです。僕達のゲームが楽しければ、プレイヤーはどこからでも集まってきます」と述べ、参加者たちが今後開発していくゲームを応援するとエールを送りました。

さらにジャッド氏は、この場に来ることが出来なかったオリジナルの日本インディーズゲーム開発者であり、自身の友人でもある人物にこの場を借りて敬意を表したいと思うとコメント。BGMと共に流れてきた映像に映っていたのは、今年2月20日に亡くなられたゲームクリエイター飯野賢治氏でした。

以下全文を読む




a






a9

ご冥福をお祈りします。




ルイージマンション2

発売日:2013-03-20
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る





■関連記事
【訃報】 ゲームクリエイター 飯野賢治さん死去・・・「Dの食卓」作者
故飯野賢治氏のiPhone向けアプリの無料配信を発表、「一人でも多くの人に飯野氏の作品を楽しんでもらいたい」
故飯野賢治氏:『リアルサウンド 〜風のリグレット〜』 の新作は何時か必ず作るつもりです。そう言って死んじゃったらごめんなさいですけど(笑)
故・飯野賢治さんの遺志を継ぐセミナー&ワークショップの「イルカの学校」が4月1日にオープン!


飯野賢治 - Wikipedia

飯野 賢治(いいの けんじ、1970年5月5日 - 2013年2月20日)は、日本のゲームクリエイター。株式会社フロムイエロートゥオレンジ代表取締役社長。


今週の人気記事

その他おすすめサイト


Amazonお買い得品ランキング

COMMENT

コメントする

・NGワードはライブドア基準です。
・スパム対策で「http://〜」はコメントできません。
・住所や電話番号等の個人情報は書込みしないでください。
・稀に連続でコメントするとスパム扱いになりコメントできなくなる場合がある様です、しばらく待ってからコメントしてください。
名前
コメント

この記事へのコメント

  • 1  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    寂しいねえ。
  • 2  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    M2版のD2やりたかったなぁ
    DCで出たのはクソゲーだった
  • 3  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    会うまではエネミーだクリーチャーだって
    笑ってたけど会ったら超紳士でやんの。
    びっくりしちゃった・・・
    なんにしろ、早すぎるなぁ。
  • 4  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    岡本よしきは〜?
  • 5  名前: 名無し 返信する
    飯野ってenoなんか
  • 6  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    エネミーゼロをPS3でプレイできるようにして欲しい
  • 7  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    なんかやるには早すぎる気がするし
    そもそもこういう持ち上げも好かんので
    いい話なんだろうけどちょっとなて感じ
  • 8  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    最後の立方体にキャラがいるゲーム何?
  • 9  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    絵野さん・・・
  • 10  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    ※8
    『きみとぼくと立体。』Wiiウェアソフト
    販売では多分最後の飯野ゲーム
    開発はスマートフォンのアプリゲームだったんじゃないかな?
  • 11  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    クリエーターが亡くなって乞食がのうのうと生きてるのか・・・
  • 12  名前: ななし 返信する
    俺的ゲーム速報 無断転載 版権絵無断使用 著作権侵害 ワンクリック詐欺 有料 請求 ウィルス 感染
    はちま起稿 無断転載 版権絵無断使用 著作権侵害 ワンクリック詐欺 有料 請求 ウィルス 感染
  • 13  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    ゲーム・アニメは日本が世界を牽引してきた誇るべき文化なのに、この国はそれを軽く扱いすぎだと思う。
    飯野さんとワープの作品はゲーム文化の裾野を広げたよ。
    故人になる前にどんどん取り上げてほしいな。
  • 14  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    十何年か前にFMでやってた番組良かったよ。
  • 15  名前: 返信する
    ナイトワープか
    雰囲気良かった
  • 16  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    このネタ引っ張りすぎだろ
    一クリエイターだろ?
  • 17  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    上田文人を発掘した功績は大きい。
  • 18  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    >>16
    クソ無知は黙ってろ
  • 19  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    これは寂しい

    全盛期はゲーム界の風雲児だったのに
  • 20  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    >>18
    お前の教祖か?
    それとも恩師だったのか?
    どちらにしても一般人からしてみれば一クリエイターにすぎん
  • 21  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    飯野が旅立って、外人が泣いている動画をみたよ。
    向こうでも熱狂的なファンがいたんだな。

    で、Jinはイルカの学校いくの?
    当日に追悼の映像を流してくれるんだって。
  • 22  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    >>20
    他のクリエイターとは被らない人だったよ
    売れる物を作るんじゃ無くて
    作りたいもの作ってる感じ
    だから当然利益には繋がらない
    商業的に考えたら失敗した人だったけど
    記憶に残る作品を残した人物でもあったと思う
    今はこんなクリエイター居ないからねぇw
  • 23  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    この人がまだコンシュマーでバリバリ出してた頃に
    この人の作品を手に取ったことがある人間ならば、
    インパクトある映像とゲームを作っていたことは、
    紛れも無い事実だからね。当時としては画面も綺麗だったし、
    エネミーゼロ、D2、風のリグレットは本当に面白かった。
  • 24  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    数多いクリエイターの中で特に興味のある人なんて多くないけど
    いつまでも忘れない存在なのは確かだな。
  • 25  名前: 名無しゲーマーさん 返信する

    故人商法

  • 26  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    あの頃は日本のゲーム業界輝いてたねー
    二十年でここまで落ちぶれるとは思わなかったよw
  • 27  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    この人が有名になった時の年齢を知るとびっくりする
    あの頃はまだ若者にチャンスがあったね
    その後消えていった人も多いけどw
  • 28  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    亡くなったとかピンとこないよなぁ

    でもホントなんだよなぁ
  • 29  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    Eの(飯野)嘱託
  • 30  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    コンセプトはいいけど中身がないんだよな この人のゲーム
  • 31  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    もう霧のオルゴールは鳴らないのか
  • 32  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    当時夢中になって遊んでたことを思い出すと胸が熱くなる。

    最近は自由な発想のゲームが本当に少ないな。
  • 33  名前: 名無しゲーマーさん 返信する
    うーむ
    Dの食卓ってタイトルは聞いたことある
    エネミーゼロは当時兄がプレイしてたな
    名前とビジュアルは凄い印象に残ってるけどこの人のゲーム遊んだ事ない

コメントする

・NGワードはライブドア基準です。
・スパム対策で「http://〜」はコメントできません。
・住所や電話番号等の個人情報は書込みしないでください。
・稀に連続でコメントするとスパム扱いになりコメントできなくなる場合がある様です、しばらく待ってからコメントしてください。
名前
コメント
ページトップに戻る
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリー別過去ログ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
スポンサードリンク
×